トップページ > コンドロイチンとは

コンドロイチンとは

コンドロイチンとは、正しくはコンドロイチン硫酸というムコ多糖類の一種です。

非常に保水力が高いのが特徴で、体内においては組織に弾力を与える働きをしています。特に、その弾力でコラーゲン繊維を支えることで、肌や軟骨に張りを与えます。

人間の体内では、関節の軟骨のほか、角膜や血管、骨などにも多く含まれており、健康を維持するとともに、体をスムーズに動かすためには重要な成分です。

最近では美容や健康の両面で注目を浴びており、サプリメントなども広く使われています。

コンドロイチンの働き

コンドロイチンには水分を保持して、軟骨や皮膚、血管などの組織に弾力を持たせる働きがあります。組織の若々しさを保つためには十分な水分で保湿することが必要で、コンドロイチンにはそのために必要な成分の一つです。

保水力の高いコンドロイチンは、コラーゲンともに肌に張りを与える効果があります。美容の面でも人気の高い成分です。

コンドロイチンには関節の潤滑剤として滑らかな動きを促す働きもあるので、不足することにより関節がスムーズに動かしにくくなる原因となります。

また、コンドロイチンが不足すると、関節の軟骨が張りを失ってスムーズに動かなくなったり、靭帯や関節、筋肉などが炎症を起こしやすくなるので注意が必要です。

コンドロイチンの摂取

コンドロイチンは体内でも生成されますがその量はわずかで、40歳を過ぎると徐々に減少してしまいます。そのため、関節のスムーズな動きや美しい肌を維持するためには、食事やサプリメントで外から補ってやる必要があります。

比較的コンドロイチンが多く含まれている食品としては、納豆やオクラなどのネバネバ食材や、ウナギ、鮭、ハモなどです。こうした食材を毎日バランスよく食べるのが理想的ですね。

食事だけではなかなか十分なコンドロイチンを補えない場合には、サプリメントの利用がおすすめです。最近では主にサメの軟骨から抽出したコンドロイチンを、体内で吸収しやすいように加工したコンドロイチンサプリメントがさまざまなメーカーから発売されています。

サントリー【グルコサミン&コンドロイチン】

通販限定の健康食品公式ショップ 定期お届けコースで4つの特典有り!
www.suntory-kenko.com

小林製薬【グルコサミン&コラーゲン】

≪初回10%オフ≫グルコサミン1760mg。 製薬会社独自の成分配合
www2.kobayashi.co.jp

えがおのグルコサミン楽楽

えがおの黒酢、にんにく卵黄油、 えがおのブルーベリーなど。
www.241241.jp